高田せんべい

f0178453_2238342.jpg

初ナビ体験の今回。
取説に電話番号で探せるとあったので、ひとまず行たい場所の分をメモする。
会津若松駅前のホテル、会津美里町のお寺、それとお煎餅屋さん。

東京の自宅付近を「現在地」としホテルの電話番号を打ち込むと、
延々400キロを案内してくれる。

まず「この先を右です」と言い、角まで来るとやや命令口調で「ここです」。
うっかり曲がり損なうと、しばらく考えてからナビを再開。

機械だから怒らないのは有り難いけれど、かなり遠回りしているような気もする。

さんざん遠回りして着いた川島煎餅店。
伊佐須美神社の名物・高田せんべいはここのが一番。

70歳を過ぎた老夫婦が七輪を真ん中に向かい合って座り、一枚一枚焼いている。

まだ10時前で七輪に火が起きたばかり。
丸い物干しに一つだけぶら下がっていたのをもらって帰る。
昨日のだけれど、ないよりはいい。

何年かに一度味わう楽しみ。
ざっくりした舌ざわりに焦げた醤油の香ばしさ。

「あの二人は大丈夫か」と、老夫婦を案じていた父の方が先に逝ってしまった。

by m-teshigoto | 2011-10-22 22:38 | 諸国巡り | Comments(0)  

<< 小包気分 福島のリンゴ >>