日記代わりのメモ 〜5/28

いよいよ退院へカウントダウン。目と鼻の先の自宅へ帰れるというのに、なぜかあまり嬉しくない。喜怒哀楽のうち「怒」だけ突発するのに「喜」も「哀」も「楽」も鳴りを潜めている。頭はクリアなのに感情は平板。これはどうしたことかしら。

5/27 土曜日。風が涼しい。床に携帯電話が落ちている。あらら。見当が違って落としたのかな。リハビリは公園からコンビニを回って帰る。あとはバランス。爪先立ち10秒を5セット。いやいやなかなか大変。チューブで両足を縛って開脚。10回を5セット。今日の療法士さんは、この病院で最初にリハビリを担当してくれた人。自分ではかなり丈夫になったように感じるが、どうだったかしら。同室の二人(二人とも89歳)にそれぞれ家族のお見舞い。病室は大混雑。自宅に帰る話、施設に移る話などが漏れ聞こえてくる。家庭の事情が言葉の端からにじみ出ている。隣の人が「くたびれた」と言ってリハビリを休むのは、たいてい来客があった日。私も同感。

5/28 日曜日。曇り。昨夜は同室の一人が一時間おきに逃亡を企て、夜勤の人が総出で大騒ぎ。家族がいる間ずっと家に帰りたいと訴えていたのだ。興奮したのだろうか。午前2時頃にやっと収まった。今日はさすがに眠いとみえて静か。あと一日だ。

by m-teshigoto | 2017-08-06 22:26 | 病院のベッドの上で | Comments(0)  

<< 日記代わりのメモ 〜5/30 退院 日記代わりのメモ 〜5/26 >>