カテゴリ:パンを焼く( 28 )

 

ベジランチ

パン教室の参加者にベジタリアンの方がいらっしゃったので、
試食のランチもベジ仕様に。

レンコンハンバーグ、春菊のジュレ、ひよこ豆のサラダ、にんじんのソテー。
焼きたてのベーグルに挟んでベジバーグ。野菜スープ付き。

春菊のジュレが美味しく、作り方を教わる。
材料は、湯がいた春菊、カシューナッツ、オリーブオイル、にんにく、塩。
さすがにんにくマジックで、やや酸味のある酵母パンにはぴったり。

小ぶりのカンパーニュ3つ、ベーグル4つ、スコーン4つ、
そしてこのベジランチ。そうそう酵母液のお裾分けもいただいた。
とても中身の濃いパン教室。
これが最後だと思うと、まことにお名残惜しいこと。

f0178453_1210612.jpg

by m-teshigoto | 2012-02-12 12:10 | パンを焼く | Comments(2)  

カンパーニュとベーグル

4回目となった天然酵母のパン教室。

メニューは、ナッツのカンパーニュ、ベーグル、豆乳スコーン。
ナッツは、カボチャ、ヒマワリ、クルミ、カシューナッツの4種類(90g)と、
毎度のことながら、材料をふんだんに使う。
初めての人は「これで4000円?」。

そう、贅沢な材料とていねいな説明がこのお教室の特徴。
先生のペースがゆっくりなので、初心者も経験者も
それぞれのスピードで作業しながら、個別に質問もできる。
新しいことを教わり、だんだんに経験を重ねて上達していくという
「習う楽しさ」があるお教室だった。今回が最終回となり、とても残念。

さすが4回目ともなると、焼き上がりは上々。
さてお味は?

f0178453_1728029.jpg

by m-teshigoto | 2012-02-11 17:28 | パンを焼く | Comments(0)  

マフィン

単発のパン教室も3回目。
1日目は仕込み、2日目は成形と焼成。
今回は、柚風味のチョコレートマフィン、焼きカレーパン、
そしてイチジクとカシューナッツのパン。

天然酵母を使ったマフィンはずっしりと重い。
軽くするには、酵母をベーキングパウダーと豆乳にと、先生に教わる。
チョコレートを入れすぎて柚の香りが飛んでしまったのは残念。


焼き上がったマフィンを袋に入れて…と。

f0178453_21552362.jpg

by m-teshigoto | 2011-12-25 21:56 | パンを焼く | Comments(0)  

久々にパン教室

f0178453_9513615.jpg

単発のパン教室に参加。
2日かけて、天然酵母を使った2種類のパンを焼きました。

1日目は仕込み。材料を合わせて捏ね、室温で発酵させます。
2日目は成形と焼成。
発酵の時間調整は先生にお任せ。
夏場は気温が高いので、発酵しすぎないよう冷蔵庫も併用したとのこと。
生地を見るとやや過発酵気味でしたが、焼き上がりはこの通り。

好みから言えばイーストのパンが好き。
でも、砂糖も油脂も使わないところと、酵母独特の素朴な味わいも捨てがたい。

ためしにレーズンで酵母を育ててみようかと思っているところです。

by m-teshigoto | 2011-07-08 09:51 | パンを焼く | Comments(0)  

天然酵母パン

f0178453_13145159.jpg

職場近くで開かれたパン教室に参加。
2日がかりでスコーン、チョコ、胡桃の3種類のパンを焼きました。

干し葡萄から作った天然酵母を使ってのパン作りは実に平和。
イーストの捏るこねる叩くたたくに対して、じっくりじっくり捏ねるだけですから。


オーガニックレストランのスタッフをしている先生は図書館でも顔なじみ。
生徒も6人と、家庭的な雰囲気のレッスン。

1日目は仕込み、2日目は成形と焼成、それぞれ2時間程。
材料はすべてオーガニック。
さらに各日試食付きとなれば、レッスン料の4000円は申し訳ないくらいお得。

久々のパン作りに緊張して、3本入れるところを2本しか入れなかったクープ。
ま、それもご愛敬ということで。
焼き上がれば、もっちりずっしりした、いかにもの酵母パン。

味は…好き好きかな。
酵母にもよりますが、ライ麦入りはとくにね。

by m-teshigoto | 2011-02-21 13:14 | パンを焼く | Comments(0)  

丘のようなグラハムブレッド

f0178453_1811312.jpg


今年初のパン教室は「グラハムブレッド」でした。
今回は、角食ではなく山型。
山ほど高さは出ず、丘って感じですけれど。

捏ね不足?
もしかしたら、やや捏ねすぎだったかも。
あるいは、レシピから卵を外したので、膨らみが足りなかったのか。

いろいろ考えてはみますが、ひとまず満足。
ちゃんと食べられるパンが焼けたのですもの。
欲を言ったらきりがない。

ポテトサラダを挟んでサンドイッチにしたら、グラハムの甘みが、酸味のあるポテトにぴったり!
このパンは、マヨネーズの酸味がきいた具材との相性が良さそう。

グラハムの甘みと風味を生かすなら、砂糖は少なめに。
その分、バターを加えるといいかも。

これは、次回の課題。
先生から、レシピのアレンジという宿題が出ているので、忘れないようにしなくては。
角食マスターへの道は続く……

ひとまず、明日のお弁当はツナサンドにしようっと。

by m-teshigoto | 2010-01-22 18:14 | パンを焼く | Comments(0)  

シンプルな味わい

f0178453_1917485.jpg


自力でパンを焼きました。

レシピはごくごくシンプル。
強力粉300g
ドライイースト3g
塩5g
お湯170ml

たったこれだけ。
卵も牛乳もバターもなし。

レシピは、『スクエア型ひとつで かんたん!おいしい!ちぎりパン』(福岡直子著)によります。
図書館で見つけて「かんたん!」の文字に反応して借りてきました。

材料もシンプルなら、発酵の方法もシンプル。
こねた生地を、密閉容器に入れて8〜12時間(一晩)冷蔵庫で寝かせるだけ。
ゆっくり発酵させる「オーバーナイト」という方法だそうです。
待っていなくてもいいなんて、嬉しいじゃありませんか。

というわけで、粉とイーストを用意してさっそくトライ。
型は、パウンド型を使いました。

やや焦げましたが、ミニ版イギリスパンに見えますか?

焼き立てには「パリパリ」といい音も!
サッパリした味わいもgood!
初めてにしては「良くできました」の花丸でした。

by m-teshigoto | 2009-12-29 19:20 | パンを焼く | Comments(2)  

今日はトースト

角食の焼き上がりを待っているときのこと。
窯の中でパリパリと音が…している?
なんだかとても美味しそうな音です。

生地と皮の間に空気の層ができていたみたい。

トーストすると…


f0178453_11334100.jpg

by m-teshigoto | 2009-12-02 11:04 | パンを焼く | Comments(4)  

本日の角食

f0178453_19432094.jpg

パン教室の角食マスターコースも4回目。

先生と一緒に2回続けて作業したおかげで、ずいぶんデキル気になっていたけれど、さて一人でやってみると、これがなかなか。

「えー、どーやるんでしたっけ?」

手が止まることが多くて、まだまだ、工程が自分のモノになっていません。
記憶力もね、あやしくなってきたかなぁ。

それでも「こね」は、ようやく仕上がり具合がわかるようになりました。
少しずつ覚えていけばいいのかな。
体で覚えるのには時間がかかりますものね。

今回は、焼き色を濃いめに。
狐色とでも言いましょうか。
冷めたら袋に入れて保存。

お味見は明日までお預け。
待ち遠しいな。

by m-teshigoto | 2009-11-30 19:43 | パンを焼く | Comments(0)  

小さな幸せ、トースト


自分の焼いたパンを朝ご飯に食べる…
パン教室翌日の小さな幸せ。

角形食パンの3回目。
基本は同じですが、今回は成形に麺棒を使いました。
麺棒を使うと、生地が細かくなるとのこと。
プレスされるから、なんでしょうね。

相も変わらず「こね」には苦戦。
でも、少しずつ自分なりに生地の仕上がりがわかるようになってきました。
やや乾燥気味だったので、水分を少し多めにしてみたら…
焼き上がったパンが心持ちズッシリ。
焼き色が薄めなのもそのせいかな。
それとも置いたのがオーブンの端すぎたから?

 f0178453_1120213.jpg
一晩おいてカットしてみると…
たしかに、これまでよりも生地のきめが細かい。
なーるほど麺棒効果です。

でも、トーストにすると、サックリ感がやや不足。
サンドイッチにはどう?

by m-teshigoto | 2009-11-06 11:25 | パンを焼く | Comments(2)