カテゴリ:縫う( 58 )

 

バッグの内側

f0178453_12050618.jpg

モチーフ編みバッグの内側はこんな感じ。
布は伯母の着物の袖。
「紺」をベースにしてまとめてみた。
「思い出を形に」と工夫しながらの手作り。
毛糸も布もそれぞれに思い出深い。

by m-teshigoto | 2015-10-19 12:13 | 縫う | Comments(0)  

久々にミシン

f0178453_16300275.jpg

人様に編み物の手ほどきをしながら、自分はなぜか縫い物にやる気が出てきた。

週末をミシン踏みで過ごす。

3年越しのミニブラウスを縫い上げる。
父の家で発掘したサロンのリメイク。
切り躾まで終わっていたので、裁ちかがりから縫い合わせ、
残った布から縁取り用のバイヤスも切り出した。
楽しい。

試着してみたら、10年前のサイズに+3センチしたはずなのに、やっと感。
体重そのままなれど、筋肉低下+ライン下降=たるみ…か!?
むむむ。
なんとか着るぞ。

by m-teshigoto | 2015-05-24 16:27 | 縫う | Comments(0)  

にわか糸屋

f0178453_14225581.jpg

編み物の先生がお引っ越し。
サロンにあった裁縫用品を処分すると聞いて、ひとまず譲り受けた。
針や糸、ルレットや物差し、ファスナー、ビーズ等々、
かつてお店をやっていた時の在庫も多い。

糸は、絹の手縫い糸から穴糸、シャッペのミシン糸等、ケースごと運んだ。
ホコリを払い、色別に分類しているところ。
着物を縫う方には使い道のある手縫い糸だけど、さてどうしよう。

貰ってくれる人を探そう。
心当たりのある方、ご一報くださいな。

by m-teshigoto | 2015-04-26 13:59 | 縫う | Comments(0)  

ジャカジャカ縫う

遅番の出勤前。
ためておいた古タオルを切って台布巾を縫う。
ジャカジャカジャカ…
台布巾の使い勝手は薄からず厚からず。
タオルを2枚重ねてがちょうどいい。
ジャカジャカジャカ…小一時間のミシン掛け。
5枚を縫い上げる。

f0178453_13344111.jpg

by m-teshigoto | 2014-06-22 13:34 | 縫う | Comments(0)  

バティックのブラウス

父のコレクションにはバティックが何枚かあって、布好きには楽しみが多い。

筒状に縫ってあるのは、腰に巻くサロンとして仕立ててあるからだ。
Tシャツにサロンというのが父が家にいる時の普段着だった。

面白いことに、サロン用の布は半分で柄行きが違えてある。
それが前後の区別のためか、二つの柄を楽しむためなのか、
前々から気になっていたのだが、ついに父に聞き損なってしまった。

そんなバティックから久しぶりにブラウスを縫った。
小さめの袖無し。
Tシャツやカットソーは無難だけれど、たまには個性的な柄も着たい。
楽しいし、不思議なことに元気が出る。

f0178453_12322318.jpg


同じ布の別バージョンはこちら。
http://mhandwork.exblog.jp/8661358

by m-teshigoto | 2013-08-18 12:32 | 縫う | Comments(0)  

落としミシン

ブラウスを縫っている。
しつけをきちんとかけ、こまめにアイロンをすると、
時間はかかるけれど、それなりにきれいに仕上がっていく。

バイアスもたっぷり幅をとったので、縁取りがラク。
いつもならすくい綴じでかがるところも、落としミシンがかけられた。
ミシン目のヨレもあるけれど、それはそれ。
縫い代にミシン目がきちんと乗っているだけでも大進歩だ。

大いに自画自賛しながら、出勤前の時間にミシンに向かう。
いくぶん涼しいので、あまり苦にならないのも嬉しい。

f0178453_1329933.jpg

by m-teshigoto | 2013-07-28 13:30 | 縫う | Comments(0)  

小さなブラウス

f0178453_21252378.jpg


藍染めの手拭い2本。
すぐには使い途を思いつかなかったけれど、しまっておくのはもったいない。
しばらく眺めて楽しみ、ふと思いついて、小さなブラウスにした。

着物のリメイク本を参考にしたフレンチスリーブ。
単純な直線建ちのように見えて、じつは微妙な工夫でフィットする。

by m-teshigoto | 2013-06-09 21:25 | 縫う | Comments(2)  

ちくちく

ブラウスも佳境。
肩、脇をはぎ、衿の縁取りまでたどり着いた。

久しぶりに縁のバイヤスも作ったが、なんだかよれよれしてしまった。
幅は細いし!
もったいないので、縁の幅を細くしても使うぞ。

「趣味の手仕事」を習っている友達が
「きれいに仕上げるためにはしつけが大事だって」と。
かなり厳しく先生に言われているらしい。

というわけで、本縫いの前にしつけを掛ける。
手間はかかるけれど、不器用者には大いに助けになる。

f0178453_18573537.jpg

by m-teshigoto | 2013-06-07 18:58 | 縫う | Comments(0)  

型紙など起こしてみて

眺めているばかりではしょうがないので、
「未来の制作ノート」からブラウスの型紙を起こした。
制作ノートとは大げさか。
なに、編みたい、縫いたいと思ったセーターやブラウスのファイル。
自分で作れそうなものだから、シンプルなものばかり。
このところミシンから遠ざかっていたので、久々に広げてみたしだい。

最近はどの本を見ても実物大型紙ばかりだけれど、どうも苦手。
大きな紙を広げ、迷路のように重なったラインを正確になぞっていく自信がない。
なので、昔ながらの文化式の型紙が好き。

布が少ないところは、丈を詰めればなんとか足りそう。
ざっと置いてみて、さて、問題はこれから。
チャコだけでやろうか迷ったあげく、
失敗したくないので、昔ながらの切りびつけをすることにした。
とてもオールドファッションな作り方。

面倒だけれど、初心に返ってやってみようと思っている。

f0178453_11233342.jpg

by m-teshigoto | 2013-06-04 11:22 | 縫う | Comments(0)  

手ぬぐい2本

藍染めの手ぬぐいが2本。
何か形にしてみたいと、暇があると広げては眺めている。
あれこれ考えているこの時間が楽しい。
袋物ではつまらないから、小さなブラウスはどうかしら。

f0178453_12373052.jpg

by m-teshigoto | 2013-06-03 12:37 | 縫う | Comments(0)