カテゴリ:ルームシューズ( 21 )

 

久々に

f0178453_10463188.jpg

「最近作ってないの?」という声もあって、久々にルームシューズ。

アーミー柄と花柄の組み合わせ。

by m-teshigoto | 2011-06-23 10:46 | ルームシューズ | Comments(2)  

久しぶりのルームシューズ

f0178453_11312261.jpg


1年越しのルームシューズ。
パーツを裁ったのはいつだったかな?
思い出せないくらい。

チクチク縫ったルームシューズです。
ミシンを使えば早い&キレイ。
でも、「さあ、やるぞ」と、小さな覚悟がいります。

しばらく編み物が続いたので手仕事もスローモード。
ダダッ、ダダッ、ダ〜〜ッという機械音も気分じゃない。

文字通り休み休み縫いました。
編み物よりは取っ付きが悪いけれど、始めると調子が出ます。
思いのほか順調な仕上がり。

素材は綿のキルティング。
内布は元シャツだったサッカー地。
冬仕様に、底をやや厚めにしました。


セミオーダーで受注できるぐらいまでに上達したい。
そんなことを考えてから、もうずいぶん時間が経ちます。

by m-teshigoto | 2009-10-18 11:32 | ルームシューズ | Comments(2)  

冬の準備

そろそろ冬の準備を始めています。
ひとまずウールのセーターと厚手のソックスを出しました。
オーバーは、まだクリーニング屋さんの保管庫ですが、木綿の厚手のコートが出ているから大丈夫です。


半袖のハイネックのセーターは、まだしまいません。
黒のTシャツと重ね着すると、明るいグリーンでもうまく着られるみたい。
元気な色を着たいときのお気に入り。
せっかくなので、もうしばらく着ようかな。

冬用のルームシューズも、いくつか作りたいと思っています。
久々に色や形のアイデアが浮かんできました。
素材も、綿毛布やフリースなど、温か系はどうかしら。
ふふ、考えているときがいちばん楽しいのです。

着なくなったオーバーも、素材として使えます。
このバブーシュの内布には、アンゴラ混のオーバーを使いました。
足にやさしく、温かいのです。

冬はソックスも厚くなるから、まずはバブーシュで考えてみましょうか。
f0178453_11474593.jpg

by m-teshigoto | 2008-10-16 11:48 | ルームシューズ | Comments(0)  

嫌いじゃないけど

1週間ぶりの東京です。
街には涼風が吹いて、昨夜は、クーラーの出番なし。
体にやさしい夜でした。

その分、頭の働きも人並み。
たまった書類の整理が、ちゃんちゃんとはかどりました。
一見お気楽な自営業ですが、決算もあり、帳簿もあり。
税務署への申告を前に、毎年今頃は、経理畑に足を踏み込みます。

家計簿を1年分まとめてつけるようなもの、かな。
明らかな衝動買いや、言い訳の苦しい無駄遣いも一目瞭然。
使ったお金の計算というのは、あまり前向きな気持ちにはなれません。
反省なんか、あまりしないし。

でも、嫌いじゃないんですよ、帳簿付けそれ自体は。
パソコン相手の単純作業って、それなりに達成感があるのです。

数字を見ていると、気持ちもテンパってくるから不思議。
脳の活性化だといいのだけれど。

このところルームシューズ作りにはすっかりご無沙汰。
1足分カットしてあるのに、なかなか手がつけられません。
ちょっとアーカイブをのぞいてみましょうか。

f0178453_9474990.jpg

このルームシューズは、はじめて和柄の組み合わせで作ったもの。
キルティングにも色々な柄があるのを発見して、組み合わせを考えるのが楽しくて仕方がありませんでした。

by m-teshigoto | 2008-09-17 09:55 | ルームシューズ | Comments(0)  

いつも初心者

1週間ぶりの東京の朝。
心もち涼しいのが嬉しい。

今日は、久しぶりの取材です。
企業の中堅どころの方達にインタビューする予定。

取材時間は、1件あたり30分から1時間。
言葉数の多い人、口の重い人、理論的な人、話が逸れがちな人等々、相対する人のタイプはいろいろ。
それでも聞くべきことを聞かないと。お仕事ですから。
相手の気持ちを逸らさないように、話の腰を折らないように気をつけながら、テーマに沿って軌道修正。
力及ばず制限時間、ということも時々あって、常に初心者の緊張感と道連れです。

f0178453_10543627.jpg

初心者といえば、ルームシューズを作り始めた頃は、楽しくて楽しくて、立て続けに3つぐらい作っていました。
このハワイ柄のは、はじめて人にプレゼントしたもの。
外側はキルティング地、中布にはワッフル地のシーツを使って、さわやかな夏用です。

by m-teshigoto | 2008-09-04 10:55 | ルームシューズ | Comments(0)  

機内で

f0178453_922633.jpg


懐かしいバブーシュです。
ルームシューズを作り始めて3つ目だったと思います。
生地屋さんで見つけた、1枚100円のデニムと木綿の端切れの組み合わせ。袋付き。

昨年、ロサンゼルスへ行くときに機内で履きました。
10時間近いフライトは苦行です。
食事を2回とり、映画を3本見ても時間が余ります。
寝るに寝られず、そうそう席を離れる用事もないときては、せめて足下だけでも楽にしておかないと。

暇に任せて見回すと、なんとなく神妙な顔をして、おとなしく椅子に座っているのは、アジア系に多いみたい。
欧米系の、とくに若者たちは、ラフなスポーツウエアを着て、ソックスで機内を歩き回っていました。
いかにも旅慣れている雰囲気で、我が物顔一歩寸前のリラックスぶり。

飛行機に乗るときに、あらたまっておしゃれなスーツを着た時代もあったことを彼らに話したら、きっと「why?」って聞かれちゃいますね。

by m-teshigoto | 2008-08-24 09:25 | ルームシューズ | Comments(0)  

ルームシューズPart2

f0178453_8373676.jpg
f0178453_8375522.jpg



f0178453_8381550.jpg
f0178453_8383486.jpg


f0178453_8384544.jpg

by m-teshigoto | 2008-08-17 08:44 | ルームシューズ | Comments(0)  

おニューです

f0178453_8504940.jpg

ようやくルームシューズの完成です。
これは自分用。
東京で使おうと思っています。

f0178453_850313.jpg

外底はスエード風の合皮です。
お風呂場や台所など、足下が濡れやすい場所も、これで大丈夫。それと、底がいちばん擦り切れるので、補強の意味もあります。
ただ、いかんせん合皮なのでね、致し方ない部分もあります。


f0178453_8552069.jpg頼まれて作ったときに、本物のスエードを使いましたが、やはり格段の仕上がりでした。
素材のハーモニーって、大事なことだと思います。

もう一つ作る予定ですが、今日から図書館モード。
もしかしたら、体力しだい、ということになるかも。

by m-teshigoto | 2008-08-02 08:56 | ルームシューズ | Comments(0)  

もうすぐ完成

週末の図書館勤務明け。

やや腰痛気味。
でも、気分爽快。開放感いっぱい。

美味しい野菜も届きました。
トマト3種類、ナス、キュウリ、ピーマン、ししとう、ズッキーニ、ジャガイモ、枝豆、サラダゴボウ。
さっそく枝豆をゆで、ナスとピーマンはオイスターソース炒めに。
キュウリはぬか漬けに。
野菜がたくさんあると、食卓が豊かになって嬉しいな。

f0178453_1182199.jpg

ルームシューズは、完成までもう一息。
これは中表の状態。
ギザギザを織り込んで、中底を手縫いで付けます。
厚くて硬いので、かなりの力仕事です。

簡単にここまでのプロセスをご紹介しましょう。
パーツに切り分けるところまではご覧に入れましたね。

f0178453_119318.jpg14枚に切り分けたパーツを縫い合わせて、足の甲の部分と底の部分を作ります。同じように切り、同じように縫っているのに、微妙に左右が違っています。ゆるいんですね、詰め方が。これも味?

f0178453_1191967.jpg

f0178453_1194195.jpgミシンがけ前の待ち針。厚みがあるので、縫っているうちにズレないよう、2cm刻みで細かく針を打ちます。それでもズレることがあり、泣きます。手縫いが懐かしいのはそんな時。でも、総合的に見ると、やはりミシンの方が仕上がりの見た目はいいですね。



明日はまた東京。
暑いでしょうね。

by m-teshigoto | 2008-07-29 01:51 | ルームシューズ | Comments(0)  

お元気でいてください

ときどきですが、知り合いのご夫婦を訪ねます。
ご主人は92歳、奥様は82歳です。

大正生まれのダンディなご主人と、やさしくて世話好きな奥様の仲の睦まじいこと。
お互いに思ったことをはっきり言い、仲が良すぎて喧嘩もしばしば。一緒にいるとハラハラすることもありますが、うらやましいなと思います。

ご主人はお元気な方で、つい数年前までは、奥様のふるさとの青森まで、東京から運転をして帰郷していらしたほどです。
それでも、90歳を越え、腰の痛みなどもあって、最近は外出には車椅子とのこと。日々の身の回りのことも、しだいに奥様の手が必要になってきているようです。

何もお手伝い出来ないのですが、ときどきお訪ねしておしゃべりをします。
ちょっとした手みやげも、話の種になって、それは楽しいひとときです。

最近は、きちんと人の話を聞いたり、思っていることを言ったりすることが少ないように思いますが、このご夫婦と話していると、気持ちを伝え合うことの大切さをつくづくと感じます。

「もうしばらく元気でいてほしいのよ」
奥様の言葉が心を打ちます。

f0178453_9213396.jpg

奥様へプレゼントしたルームシューズです。外布は和柄のキルティング、中布には、伸縮性のあるカットソーをリサイクルしました。繰り返し洗濯をして履いてくださっているようなので、ありがたいことだと思っています。

by m-teshigoto | 2008-07-27 09:28 | ルームシューズ | Comments(0)