夏椿咲く

f0178453_10460563.jpg
数年前に一輪咲いただけで何年も咲かなかった夏椿。
昨秋、思い切ってベランダ前の日当たりの良い場所に植え替えた。
どうかしら。。。
ふと気がつくと目の高さに蕾が二つ。
今日咲くか、明日咲くかと待つこと数週間。
やっと咲いた。
ピンクの斑が入った花びら。
一日だけの命だと思うと、嬉しさと名残惜しさが入り交じる。


# by m-teshigoto | 2016-07-19 10:54 | 色・姿・形 | Comments(0)  

うずのしゅげ

f0178453_135982.jpg


季節は巡って5月も半ば。
地植えして一番花が鹿の餌食になった翁草。
あまりのことに鉢に上げ、ベランダへ引っ越して無事に二番、三番の花が開いた。
そして数日後、枯れ果てた花びらの中から広がった真緑。
綿毛になって飛んでいく種たちのお目見えだ。

もう少し経つと透き通った銀色になってまさに別名の「うずのしゅげ」になるのだけれど、きっとその頃は東京にいて、風に乗って飛ぶさまはみられないだろう。
「うずのしゅげ」とは岩手の方面の言葉で「老人の髭」とのこと。
かの宮沢賢治が好んでその名で呼んだという。

翁草は多年草で、株分けもできるとのこと。
ふたたび地面に戻して来年を待ちたいところだが、鹿に食われてがっかりしたくない。
風任せに期待しつつ、しばらくそのままにしておこう。

# by m-teshigoto | 2016-05-15 14:10 | 色・姿・形 | Comments(0)  

これまた久々にバナナケーキ

f0178453_10503591.jpg

気晴らしにバナナケーキを焼いた。
レシピは図書館の同僚に教えてもらったリーンなタイプ。
バターの代わりにサラダオイル、卵1個、牛乳100cc…
片栗粉を入れてサックリ感を出すというのは初めて聞いた。
香り付けの洋酒はラム酒。
スーパーで見つけたお菓子に使えそうな洋酒がこれ。
レシピにはなかったけれどクルミをトッピング。
型は100円ショップの1斤用。
最後の最後でシナモンがないことに気づいたが、後の祭り。

まずまずの焼き上がり。
なるほど、シットリよりサックリかもしれない。
ま、70点。

じつは、この前に人参ケーキを焼いている。
卵白でメレンゲを作るタイプので、バターなし、牛乳なしのレシピ。
人参の甘味も程よくシットリとした仕上がりだった。
が、型から上手に抜けなかった。
それで100円ショップの紙型にしたとう訳。

人参がたくさんあって人参ケーキ。
バナナがやわらかくなりすぎてバナナケーキ。

なかなか楽しい気晴らしになった。


# by m-teshigoto | 2016-03-19 11:11 | キッチン | Comments(0)  

久々のイチゴジャム

f0178453_20412504.jpg



小さい粒のイチゴを見つけるのが難しくなってしまった。
駅の高架下にあった八百屋さんには山盛りで250円の小粒がときどき出て、
運良く目にした時は迷わず2パック買って、ジャムを煮た。
レモンなど入れずにお砂糖とイチゴだけ。
お砂糖控えめなので、出来上がりはスルスルなのだけれど、美味しかった。

八百屋さんがなくなり、小粒のイチゴには久しくご無沙汰だったのだが、
先日心ある友人のおかげで、一箱いっぱいの小粒を手に入れることができた。

喜び勇んでレモンを奮発。
貴重なイチゴだからとレシピを調べ、きちんと測って砂糖30%。
スルスルよりはポッタリな仕上がりになった。

出来上がりは中瓶3つと少々。
少々を自分用にして、御礼に1瓶、お見舞いに1瓶…。
残りの1瓶はどうしようか思案中。

バタートーストにたっぷり塗ってパクッ!

しばらく戸棚にしまっておくことにした。

# by m-teshigoto | 2016-03-17 21:06 | キッチン | Comments(0)  

福寿草

f0178453_16284116.jpg

やっとつぼみがふくらんだと思ったら一昨日の大雪。
一日経ってふと見ると、重たい雪の間からむくっと顔を出している。
寒くはないか?




# by m-teshigoto | 2016-03-16 16:35 | 暮らし | Comments(0)