ファーストフラッシュ

紅茶も新茶の季節。
ダージリンのファーストフラッシュが出回ってきました。

フレッシュ感と季節感のあるファーストフラッシュ。
ついでながら高級感もピカイチ。
手元にあるルピシアのカタログでは、50g3,800円が最高値。
「野生ランのような奥深い花香と新緑の風味…」のピュッタボン・クイーンという名前のお茶。
やや意味不明のキャッチですけど、ねぇ。

ちょっと前の話になりますが、ルピシエのダージリン・フェスティバルへ初見参。

連れて行ってくれた紅茶通が「楽しいですよ」と言うだけあって、会場には茶葉の試飲がずらり。
それはそれは壮観でした。
「花のよう」「フルーティー」「スッキリ系」「どっしり系」の4つの香りと味わいがあるそうですが、
素人には「そう言われればそんな?」としか。
調子に乗って飲んでいるうちに口の中も渋くなってきて、最後には何がなんだか。。。

いろいろ迷って選んだのが、ブレンドのファーストフラッシュと、
グリーン味わいが好印象だった「バダンタン」。
デリケートな味わいはとても再現でそうもないので、どちらかといえば無難な選択。

あくまで自分用のつもりだったのですけれど…

ふと気が変わって、プレゼントにしようかなと思っているところ。

なんとなく、人の喜ぶ顔が見たくなって。

f0178453_0534219.jpg

[PR]

by m-teshigoto | 2010-06-03 00:59 | 暮らし | Comments(0)  

<< なまくら包丁 おジャガさんや〜い >>