梅道楽

もう10年のお付き合いになる不動産屋のご主人は梅仕事の達人だそう。
毎年10キロの梅を漬けるとのこと。
副産物の梅酢で新生姜を漬け、楽しんでいるらしい。

先月だか、家賃を払いに行くと山のような赤ジソが届いていて、はじめて知った。
どうやら奥さんの方は「たくさんすぎて」と、ご主人の梅道楽にやや難色。
おやおやと思って二人の顔を見比べていると
「ひとつ試しに食べてみますか」とご主人が新生姜の梅酢漬けの瓶をくれた。

梅酢は塩気が強いので、なかなか使い方が難しい。
新生姜の一切れでご飯一膳はかるい。

せっかくなので、千切りにしてキュウリと和える。
何も足さないでちょうど。
口がさっぱりして、箸が進む。

f0178453_10245021.jpg

[PR]

by m-teshigoto | 2012-07-26 10:24 | キッチン | Comments(0)  

<< 残した! パリパリめし >>