雨戸

f0178453_18275855.jpg


子供の頃住んでいた家には、庭に面して長い廊下があった。
雨戸の開け立ては祖母の役割だったが、ときどき手伝った記憶がある。

歳月を経て、仕事で古民家の戸締まりをしていて、ふと、
祖母と並んで見た夕暮れの庭を思い出した。

思えばあれは、夏休みの「お手伝い」だったのかもしれない。

by m-teshigoto | 2012-08-08 18:27 | 暮らし | Comments(0)  

<< ちょっと自慢!? 葡萄園にて >>