人気ブログランキング |

集める人

収集癖は男性に多いという。
父もご多分に漏れず「集める人」であった。

庭を席巻していた石の数々は、北はモンゴルから南はアフリカ、
日本全国津々浦々からのコレクション。
漬け物石大からおはじきサイズまで色も形も千差万別。
察するに、ある種の丸みが父の心をとらえたようだが、計測不能である。

堅いもの続きでいえば、板材も集めていた。
大はシングルベッドサイズから、小は碁盤サイズまで。
大判の板2枚は、床が抜けるというので玄関先に置いたまま。
夏はそこで昼寝をしていたらしい。父亡き後は、猫の休憩所となっている。
高い運送費を払って雨ざらしとは、酔狂にも程がある。
「それでもいいじゃないか」と本人は極めて鷹揚だったが、後始末は苦労である。

さいわい小さいサイズの板は、木工作家の元へもらわれていくことになった。
やれやれ、ひと安心。

事ほど左様に数の多さで泣かされる後片付け。
それでも、困った、困ったと文句を言いながら、労を惜しまずゆっくりやっている。
それは、時にどこかピンとくることもあって、父を近くに感じるからである。
遅ればせながら、父と知り合うための時間なのかもしれない。

f0178453_18544159.jpg

by m-teshigoto | 2012-10-06 18:54 | 父の周辺 | Comments(0)  

<< 初きのこ 買ってしまった! >>