抽斗

函の試作品を再利用しようと考えたのが抽斗。
紺を基調に、ワンピースの端切れと江戸千代紙を合わせた。

それでなくても手が遅いところへ持ってきて、採寸に時間をとられ、
ボール紙の裁断に手間取りと、苦節2カ月。
「ようやくできましたね」と先生の声が明るい。

不具合はいろいろあって、引っかかる、渋い等々、
抽斗が引き出せるかどうかも、出来たての頃はあやしかった。
少しずつ微調整して、なんとかクリア。
取扱注意ではあるけれど実用にも耐える抽斗になった。

f0178453_11322993.jpg

[PR]

by m-teshigoto | 2012-12-14 11:33 | 製本教室 | Comments(0)  

<< 干してみる 遠いけれど >>