両替

郵便局でお金を下ろした。
銀行のATMには「両替」ボタンがあって、千円札が出せる。

ところが、郵便局の機会には「確認」ボタンしかない。
コンビニでティッシュを買うのに万券は出したくないなぁ。

居合わせた局の人に「両替はできないんですか?」と聞いてみた。
すると「郵便局では両替はやっていません。両替するには許可がいるので」とのこと。
なーるほど、銀行は江戸時代の両替商が前身だから両替をしてくれるけれど、
郵便局は機能的には飛脚の分野。銀行業では後発なのだ。

それでも、「千円札を出す方法はあります」と言う。
何なに?
金種のボタンは「万円」と「千円」。
細かくしたいときは「10」千円と打てば千円札が10枚出てくるのだそうだ。
1万円+10千円で2万円、無事に「両替」がかなった。

これって、世間の常識?





[PR]

by m-teshigoto | 2014-11-19 17:29 | 暮らし | Comments(0)  

<< 黒い実 11月 >>